読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うどん国の陸マイラー

香川県発のお得な情報をお届けして参ります。

Googleマップが優秀な話

【目次】

そもそもカーナビは必要ですか?

田舎では、車は1人1台持っている方も多いと思います。

車にはカーナビが付いている車が多いのではないでしょうか?

f:id:udonkoku:20170325211943j:plain

しかし、カーナビって高いですよね。

安いので2万円から高いので20万円程しますよね。

しかも、ナビが古くなると新しい道は案内してくれません。

不便ですよね…。

地図を更新するにも地図更新代として15000円~20000円をとられます。

車を持つだけでも

・ガソリン代

・税金

・保険

・車両代

・車検などなど

車は金食い虫ですが、地方は車なしでは生活できません。

Googleマップ』はいかがでしょう?

皆さまスマホはお持ちの事と思います。

Googleマップ』はお使いでしょうか?

管理人は、先日宮古島に行ってきました。

その際にレンタカーを借りたのですが、ナビの使い方が分かりませんでした(;´・ω・)

そんな時に『Googleマップ』を利用してみました。

使い方はとても簡単です。

Googleマップ』を使ってみよう

Googleに『ここから○○まで案内して』と話しかけてみましょう。

現在地から目的地までの最速ルートをいくつかの方法を提案してくれます。

それで、案内開始を押せば目的地まで案内を開始します。

 

例えば『高松駅から高松空港まで案内して』と話しかけます。

f:id:udonkoku:20170325215217p:plain

すると、高松空港への行き方を車・交通機関・徒歩で到着時間まで示してくれます。

この場合、車を選択するとすぐに案内開始してくれます。

『︙』を押すと、以下のような画面になります。

f:id:udonkoku:20170325225059p:plain

そこで『すべての交通状況をON』に選択すると、現在の交通状況を教えてくれます。

色によって交通状況が分かります。

f:id:udonkoku:20170326141518p:plain

色によって判断できます。

  • 緑:渋滞なし。
  • 黄:やや渋滞あり。
  • 赤:渋滞あり。となります。

 

さらに経由地を利用する場合

例えば、高松空港へ行く前に仏生山温泉に立ち寄ることとします。

先ほどと同様に『︙』を押すと、以下の画面になります。

f:id:udonkoku:20170325225059p:plain

『経由地を追加』を選択すると、以下の画面になります。 

 f:id:udonkoku:20170326144447p:plain

経由地Aに『仏生山温泉』と入力します。

目的地である『高松空港』を経由地Bに入力します。 

 f:id:udonkoku:20170326142828p:plain

これで、設定完了です。

あとは、目的地までスマホが案内してくれます。

管理人も『宮古島』の旅行では『Googleマップ』には大変お世話になりました。

県外に行くと、目的地までの道は分からない事は多々あります。

昔は、助手席に乗っている人が地図帳片手に運転手に案内していました。

道を間違ってよく喧嘩になっていたのを覚えています。

今や、迷ってもすぐにルートを変更して再度案内してくれます。

どんなにいい加減な道を走ってもナビは怒ることはありません。

安心して間違って下さい(笑)

車載スマホホルダーもありますよ

最近では、車載スマホホルダーも販売されています。

matome.naver.jp

2500円前後で購入可能です、これなら買いやすいですね。

まとめ

ドライブをする方や遠方へよく出かける方はカーナビを持つ意味はありますが、県内の移動ぐらいならわざわざお金をかけてカーナビを搭載する必要もないかもしれません。

今やスマホがカーナビの代わりをしてくれるようになりました。

Googleマップ』なら初期投資もなく地図更新の必要もありません。

必要な時に必要な情報が揃う『Googleマップ』で十分ではないかと思います。